第4回公演(2004年5月)

「青流丸」

■作・演出・振付■
近藤ちこ・ちここん

■主なキャスト■
哲次/海次郎;おとーと
良太/富良;玉木雅康
;中林恵子
道子;鈴木れいこ
;渡辺美恵
;山田みゆき
旗振り;海月零
旗振り;けみぞー

■スタッフ■
音響;坂田ひろの、松丸恵美
照明;福田さやか、戸部ゆき
振付指導;小林孝雄

■日 時■
2005年5月14日(金)夜・15日(土)昼/夜

■会 場■
市川市市民会館ホール(千葉県市川市八幡)

■動 員■
約141人(3回公演合計)

■あらすじ■

40年に1度現れるという噂の巨大鮫「赤眼」が、
その村1番と言われていた漁師・海次郎とその相方の船頭・富良に襲い掛かった。
海次郎は呑み込まれ、残った富良は、海次郎の妻、花を影ながら支え生きていた。

富良のある決断は、孫の良太に引き継がれていた。
そして、40年後。
海次郎の孫、哲次と良太の前に、噂通りに赤眼が現れる。
心の奥にあった悲しみと葛藤を隠し続け、哲次と良太を見守り続けてきた海女の花は、
40年前のあの日の後悔を哲次の同級生・道子に告白をする。

哲次と良太は、それぞれの心の思いのまま、赤眼との戦いに漁にでた。
そして導いた運命の結果。

身近にある幸せとは何か、今をどうやって生きるか。
という毎度のテーマも折込みつつ、千葉県の漁師さんへ突撃取材も行った、
渾身の第4回公演。



自転車で颯爽と!ちりんちり〜ん

スッテーン!

「いった〜い!」
  「はい、お弁当!」
「花婆、大丈夫?」
  「海次郎は死んだの。」
「本当に行くのか?」
「行くぜ」「ああ」
  いざ、赤眼との対決!

「でやぁーーー!!」
  「うわーーーん!!」
「バカヤローーー!!!」
  大迫力の舞台、おつかれさまでした!

※写真は、ゲネ(リハーサル)のものです。あしからず。



劇団 言少体言実験室
Copyright © 2001-2006 GenGenLab. All rights reserved.

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー