第3回稽古場公演(2006年12月)

「ストロベリー」

image

■作・演出■
近藤ちこ

■日 時■
2006年12月16日(土)19:00

■会 場■
市川駅南公民館 視聴覚室
(千葉県市川市)

■動 員■
約30人

■キャスト■
役 名 Aチーム Bチーム
佐倉 香津子/香津緒 あっちゃん ドトール
館山教頭先生 けみぞー あや
富津(親) 赤琶 葉々
富津 みほ かなん 魔麻
鴨川(親) 葉々 白パン
鴨川 雄介/ゆうこ 魔麻 りょう
栃お留(イチゴ) ハヤト 赤琶
サン・フジ(りんご) 白パン けみぞー
ラ・フランス(洋ナシ) りょう ハヤト

佐倉さんA ■STORY■

中学校で給食を作っている佐倉さん。
その献立があまりにも個性的なことで、教頭先生から注意を受けてしまいました。

「佐倉さん、もう少し普通のものを作ってください。桃ジャムカツとか、イチゴ酢豚とか、あまりにも突拍子もない !果物は使わないでください!」

本人を説得してみたり、PTAで議題にあげてみたり、教頭先生はどうにか「普通の」給食を佐倉さんに作ってもらおうとしますが、佐倉さんにはどうにも伝わりません。

「普通って、何ですか?」

佐倉さんの夢の中、果物たちが討論を繰り広げます。
「砂糖より果糖が体にいいから使っているんだ!」
「台風で通常の(販売用に)出荷ができなくなってしまった果物を無駄なく使って何が悪い!」

なるほど、佐倉さんが果物を取り入れたメニューにこだわっていたのには、そんな理由があったのです。

それを教頭先生に説明をしたところ、メニューの名前を教頭先生が管理するという条件のもとに、あっさりと理解を得ることができたのでした。

「結局、普通って何だったんだろう。」

しかし・・・
市場も回復して、安価な果物が手に入りにくくなった頃。
予算を考えると、ここでは作りたいものが作れない。
佐倉さんはこの学校を去ることに決めたのでした。

「佐倉さんの給食、変わってて美味しくて、好きだったのに・・・。今度はどこで佐倉さんのご飯食べられるの?決まったら教えてね!」
子供たちの応援を背に、佐倉さんは旅立ちます。

**********

「同じストーリーを異なるキャスティングで」という趣旨で作られた第3回稽古場公演。
新人5名と既存メンバー6名を絶妙に組み合わせたチーム編成で、それぞれの雰囲気を大切に演じ上げました。
佐倉さんB
PTA会議A PTA会議B
果物A 果物B
生徒A 生徒B
Aチーム Bチーム



劇団 言少体言実験室
Copyright(c) GenGenLab. All rights reserved.

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー